東京質屋の歴史

東京で質屋を探してみたことがありますか?

そもそも質屋自体知っている人はいるでしょうか?

質屋の歴史からお話すると、質屋は遣唐使まで遡ります。

つまり、質屋のシステムというものは中国から入ってきたといわれているので、中国からの輸入品??というわけですね。

それだけ歴史の古い質屋ですが、質屋が生活に定着してきたのは今から700年前の鎌倉時代になるのです。

鎌倉時代になると貨幣経済が普及し、物々交換と貨幣経済があい混ざったシステムの質屋が登場し、そこから歴史の変化によって質屋も形を変えてきたました。

そして、現在の質屋のシステム(質屋に品物を預けてお金を借り、返済期限が過ぎた品物は質流れ品となって売られる)が確立したのが、江戸時代の中期、つまり元禄時代になるのです。

このように発展してきた質屋ですが、昭和の始めまでは預け入れという形が一般的な質屋の役割でありました。

ですが、現在の質屋東京を見ると、ブランド品や貴金属などを買取って売るという「買取業務」を行うようになっています。

質屋に通うこと自体後ろめたいと感じさせた時代もありましたが、現在の東京の質屋はというとずいぶんお客も入りやすくなったのです。

質屋は今も時代の流れで形を変えているのですね。