東京の質屋は身近です

東京において、質屋とリサイクル、消費者金融が異なることを説明して来ましたが、つまり何が言いたいかというと、質屋は大変便利だということです。

ただ単に品物を売るだけでなく、品物を預けてお金を借りることも出来るのですから、マルチな面を持ち合わせていますよね。

そして法律上「質屋営業法」という法律のもとしっかり制限されて商売しているので、安心して利用出来るといえます。

そこで、東京でリサイクルショップや消費者金融を探している人は、もっともっと質屋を利用しよう!というのが私からの提案です。

しかし、質屋はかつて一六銀行と呼ばれ、少し入るのを恥ずかしいものとされてきました。

質屋=七屋の7を1+6銀行と呼ぶことで、質屋に行く恥ずかしさを銀行と呼ぶことでしゃれたイメージを持たせていたのです。

このような一六銀行という呼び名からわかるように、昔は質屋はお金を借りに行く印象で、人目の付かない場所や高い塀がある場所にあったのです。

しかし、今の東京の質屋は大都市にお店を展開し、例えばサラリーマンが寄り道しやすいように、主要駅の見つけやすい場所にある。

そして、店構えもいかにも昔からの質屋といったイメージではなく、明るい店舗に入りやすい雰囲気に代わってきているのです。

実は身近な質屋。

もっともっと利用したいですね。

Comments are closed.